日焼けは5秒後から!透明感のある肌になる為の紫外線対策。

日焼け対策は、夏といった日差しが強い季節だけのものと考えられていますが、実際は365日シーズンを問わずに太陽が照っている時間は常に日焼けの危険性があります。ただ夏の方が冬よりも日差しが強いことで、日焼けしやすくなるのは確かです。

シミやそばかすの原因となる物質に、メラニン色素がありますが、これはそれを生成するメラノサイトという細胞の働きによって起こります。このメラノサイトとは、肌の構成としては表皮・真皮と構成されますが、真皮に存在しており、太陽光の紫外線を浴びることで活動を開始する性質がある細胞です。

xf0635025671l

詳細は、太陽光を浴びると肌の表皮上に、活性酵素とメラノサイトを刺激する物質であるエンドセリンという物質が生じます。それが真皮にあるその細胞に働きかけることによってメラニン色素を作り出すのです。

その活動を開始する時間というのは、太陽光を浴びてから5秒後といわれ、ちょっとゴミ置き場にゴミ捨てに行っただけで、その働きが活発化されるというものです。ちなみに活性酵素は、細胞のDNAを傷つける物質であり、肌にとっても大敵な物質となります。

よって、透明感のある肌を維持するためには、日常で生活の中でも5秒後には日焼けが始まってしまうので少し外に出かけぐらいなら良いだろうと考えることは危険で、外に出かけるときは常に日焼け対策を行なうことを念頭に置いておく事が大切です。
ドモホルンリンクル口コミも参考になりますよ。