使うシーンで選ぶ、SPFの正しい選び方

美容のために日焼け止めを使うことは今や常識となりました。しかし、意外と知られていないのがその使い分けです。そこで日焼け止めの正しい使い分けについて簡単に説明します。

まずその前に知っておきたいことがあります。それは紫外線についてです。地球上に降り注いで私たちに影響を与えているのがUV-BとUV-Aです。前者は波長が短く肌のシミやそばかすの原因となると言われています。これを防ぐ指数がSPFです。紫外線の強い季節に日焼け止めを塗らずに外で過ごすと肌が赤く焼け始めるのが20分。この20分を1単位として表しているのです。つまり20だったら20分×20で400、つまり約7時間UV-Bから肌を守ってくれるという計算になるのです。ただ、人間は生きているので汗をかいたりします。すると付けているものが流れ落ちて効果がなくなってしまうのです。そこでこまめに塗ることが大切なのです。

gf2160280222l
具体的にどれくらいの数値のものをどんなシーンで使うかですが、海や山などの完全屋外のレジャーの際はウォータープルーフの50+のものの使用がいいでしょう。ウォータープルーフと言っても塗り直すことは大事です。少なくとも2時間おきに塗り直しましょう。また、ちょっとそこまで買い物くらいなら20くらいでも大丈夫です。ただ、長時間のショッピングとなるとやはりもう少し強め30とか40くらいは欲しいところです。やはりこちらもこまめに塗り直しましょう。

Comments are closed.