美白化粧品の特徴

化粧品を使う目的のひとつに、美白効果があるかどうかということを挙げる方は多いのではないでしょうか。最近では、美白ケアに有効とされる様々な成分が使用された多くの種類の化粧品が販売されています。特に雑誌や口コミで話題の成分が、イソフラボンやビタミンC誘導体です。他の美白化粧品との違いは何でしょうか。

お肌にハリと潤いを与えてくれるイソフラボンに対し、ビタミンC誘導体の特徴は細胞レベルでお肌に働きかけてくれるということです。他の成分と比べて、即効性がありお肌への効果も実感しやすいという利点があります。しかし、お肌の乾燥を促してしまうというデメリットもありますので、肌質に応じて使い分けることが必要です。イソフラボンの場合は、大豆由来ということで安心して使うことができますね。

gf2160330729l
さっぱりとした使用感を求めるのであれば、水溶性ビタミンC誘導体の化粧水などを使用すると良いでしょう。しかし、乾燥肌で潤いをプラスしたい場合は、イソフラボンの化粧品を使用するか、脂溶性ビタミンC誘導体を配合したクリームや美容液がおすすめです。

このように、同じ成分でもお肌の状態に応じて使い分けることが美白ケアを成功させるコツなのです。違いを知って成分にこだわり、自分に合ったケアを行いましょう。

Comments are closed.