手放せない、日傘の弱点とは

日中の日差しはとにかく強いものです。特に紫外線は女性の敵だと思われます。日傘が欠かせない方もいるでしょう。傘なら紫外線も完璧にカットできるだろうと思ってしまうでしょう。しかし油断は禁物です。上から降り注ぐ紫外線を防ぐことはできても、地面に反射した紫外線は防げないのです。

光はわたしたちが思っている以上にしっかり跳ね返ってきます。あらゆるものに反射し、360度肌に跳ね返ってくるのです。アスファルトの地面の場合は反射率は10から30パーセントにもなるようです。建物の壁もよく光を跳ね返します。これが光の特徴なのです。特に注意したい点は、雨の日の傘と同じ感覚で考えてしまうことです。

あくまで上から降り注ぐ紫外線のみカットできるのです。もし本気で紫外線をカットしたいのなら、傘だけでなく、きちんと日焼け止めを塗ることが必要であることを忘れないようにしましょう。その他、サングラスや帽子なども使用してブロック力を上げることも大切です。
af9920059163l

しかしあまりにガードをしすぎて、周りが見えなくなってしまわないように気をつけましょう。傘は特に人通りのある場所では邪魔に見られがちなので、注意を払いたいものです。内面からも美しい人間になるように心がけましょう。

Comments are closed.